「SNS映え」&「ジャパニーズモダン」な内装が特徴!

2022年5月18日
くら寿司株式会社

<経済活動・インバウンド復活に向け、付加価値のある店舗出店を強化> 「SNS映え」&「ジャパニーズモダン」な内装が特徴! 新形態店舗モデル「プラス型店舗」第1号店「くら寿司 京都店」が 世界屈指の観光地「京都」に5月19日(木)オープン!

 回転寿司チェーン「くら寿司」を運営するくら寿司株式会社(代表取締役社長:田中邦彦、所在地:大阪府堺市)は、2022年5月19日(木)に、「店内飲食強化」に向けた「SNS映え」&「ジャパニーズモダン」な内装が特徴の新形態店舗モデル「プラス型店舗」の第1号店「くら寿司 京都店」をオープンします。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171329-O10-3563wYZ5
 当社は、昨年度コロナ禍にも関わらず、売上高が過去最高を達成するなど、順調に成長を続けています。コロナ禍でも好調な成績を支えているのは「テイクアウト」と「店内飲食」を両輪で強化する戦略です。生活様式の変化によって、外食業界ではテイクアウトやデリバリーの需要が急増。当社でも「おうちでくら」などテイクアウトを強化し、テイクアウトの売上がコロナ前の約2倍に増加しました。一方で、様々な生活者調査によると、アフターコロナに向けて「外食」への期待も高まっています。加えて、政府は外国人観光客の入国制限の一部緩和を計画するなど、感染症対策を継続しながらの経済活動の再開が期待されています。

 そのような中、当社の得意領域である食事を通して楽しい時間を過ごしてもらえるよう、店内でしか味わえない高付加価値な体験を提供する店舗として、4つのグローバル旗艦店(浅草ROX店、道頓堀店、原宿店、スカイツリー押上駅前店)を展開しています。「SNS映え」や「ジャパニーズモダン」な内装、それぞれの店舗でしか体験できない仕掛けに対して、コロナ禍においても、Z世代をはじめ、幅広い層のお客様にご好評をいただいています。

 そして今回、より多くの方に「店内飲食」を楽しんでいただくため、グローバル旗艦店の知見を生かし、通常店舗に、世界にも通用する「日本の伝統美」を意識した「映える内装」デザインをインストールするなどした新形態店舗モデル「プラス型店舗」を開発。第1号店を世界屈指の観光地である京都に、5月19日(木)、オープンいたします。「くら寿司 京都店」は、日本を代表するクリエイティブディレクターの佐藤可士和氏がデザインを手がけ、グローバル旗艦店でも導入している高級感ある「白木造り」や大迫力の「巨大浮世絵」を採用。加えてSNS映えする新たなフォトスポットとして「ロゴネオンサイン」や「番付ウォール」を初導入します。

 また同店舗でも、入店から退店まで店員と対面せずに、お客様へのサービス提供を可能にした「スマートくら寿司(非接触型サービス)」を標準装備しています。お席は感染症対策も兼ねた暖簾付きの半個室やカウンター席など、様々なお客様のニーズと食事スタイルに対応が可能です。

 新形態店舗モデル「プラス型店舗」は、東京・大森にも今年7月に開業を予定しており、今後も適切な場所があれば出店を検討してまいります。多様化するお客様のニーズを捉えた新たなサービスを提供し、くら寿司でしか味わえない体験をお届けいたします。

《新形態店舗モデル「プラス型店舗」》
 コロナ禍がもたらした生活様式の変化によって、外食への価値観も大きく変化しています。そこで、店内でしか味わえない新たな付加価値を提供する店舗として、通常店舗とは異なる内装やサービスを提供する新たな形態の店舗「プラス型店舗」を開発しました。まずは、高付加価値を提供するグローバル旗艦店の一部内装をインストールした店舗を展開していきます。今後、新たな店舗開発も検討してまいります。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171329-O2-64x8bBr5
通常店舗イメージ

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171329-O5-9X0AlI5q
プラス型店舗イメージ

《「くら寿司 京都店」店舗特徴》
■来店したくなる!「SNS映え」&「ジャパニーズモダン」な内装
 グローバル旗艦店でも導入している、高級感ある「白木造り」や大迫力の「巨大浮世絵」を採用するほか、写真映えする新たなフォトスポットとして、「ロゴネオンサイン」や「番付ウォール」を初導入します。
 「ロゴネオンサイン」は、巨大ロゴの中に12色のべ215個のLED電球が様々な色に変化し、街ゆく皆さんに楽しんで頂けるサインです。「番付ウォール」はお寿司同様に、江戸時代からある「相撲の番付表」からヒントを得て、メニューやくら寿司の取り組みを壁全面に装飾しました。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171329-O11-d7B5hrEZ
■日本文化でプライベート空間を演出“暖簾付きボックスシート”
 回転レーンの周りの席を全て、日本文化の発信と新型コロナウイルス対策を意識した“暖簾”付きのボックスシートで構成。各テーブルの照明も裸電球をイメージした暖色のLEDライトを吊り下げています。テーブル周りのお箸や調味料などはテーブル内部に格納できる仕組みにしており、スッキリとした印象に加え、衛生面にも配慮した設計となっています。「和」テイストのプライベート空間を演出し、日本文化を体験できる空間に仕上げています。

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171329-O12-Hba350Wh

≪店舗概要≫
・店舗名 :「くら寿司 京都店」
・住所  :京都市中京区新京極通三条下る桜之町415番地 京都松竹座ビルB1F
・営業時間:11:00~23:00
・席数  :242席(6人席:38/カウンター席:14)
・店舗面積:654.06平米(197.85坪)
・電話番号:075-366-6107

【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205171329-O1-1xMNeWRJ