AsiaNet 96022

ヴォロコプターとマイクロソフトがVoloIQ航空宇宙クラウド・プロジェクトでの業務提携を発表

ワシントン州レッドモンド,ブルッフザール(ドイツ),2022年5月18日/PRNewswire/ --アーバンエアモビリティ(UAM)のパイオニアであるヴォロコプター社(Volocopter)は本日、マイクロソフト社(Microsoft)との戦略的業務提携を発表し、eVTOL、UAM、自律型航空に必要なクラウドコンピューティングに対応する航空宇宙クラウドシステムをMicrosoft Azureで開発することを発表しました。Azureは、ヴォロコプター社のUAMサービスのオペレーティングシステムであるデジタルプラットフォームVoloIQと、その後の自律型運航への移行をサポートする予定です。

ヴォロコプター社は、VoloIQhttps://www.volocopter.com/solutions/voloiq/ )をすべての電動旅客機およびドローン飛行業務のための標準的なUAMオペレーティングシステムに採用することを計画しています。そのモジュール構造は、予約やe-コマース、商業スケジューリング、運用ネットワーク計画、飛行計画、飛行監視、領空デジタルツインの供給、車両データのロギングと分析といった広範囲にわたって展開される予定です。ヴォロコプター社は、これらすべてのUAMエコシステムの要素を一つの統合されたサービスに安全に相互接続するために、Microsoft Cloud / Azureを選択しました。

「マイクロソフト社がプロジェクトパートナーとして、また投資家として参加してくれたことは、VoloIQのようなヴォロコプターが生み出すソリューションが、時代を切り開き、市場で大きな可能性を持っていることの証しです。」と、ヴォロコプター社の最高デジタル責任者であるAlexander Oelling氏は述べています。さらに「Microsoft Azureが安全なクラウドを提供することで、私たちの事業の最前線に安全性を確保できることを誇りに思います。」と、付け加えました。

ヴォロコプター社とマイクロソフト社は、Microsoft AzureがVoloIQの商業運用のニーズを満たすことを確認して提携を開始します。その後、Azureは、ヴォロコプター社の電動垂直離着陸機(eVTOL)を使った新しい交通手段(VoloCityhttps://www.volocopter.com/solutions/volocity/ )、VoloDronehttps://www.volocopter.com/solutions/volodrone/ )、VoloConnecthttps://www.volocopter.com/solutions/voloconnect/ ))の飛行およびサービスサポートと、地上インフラ(VoloPorthttps://www.volocopter.com/solutions/voloport/ ))サポートをリアルタイムで提供する予定です。

「最新技術から規制まで、航空業界の継続的な発展を支えるクラウドコンピューティングの要件にシームレスに対応するソリューションの構築は、複雑な挑戦といえます。 私たちは、安全で堅牢かつ効率的なクラウドプラットフォームが、航空宇宙や都市型エアモビリティの事業者に提供できる可能性を確信しています。」と、マイクロソフト社のクラウド・AI担当CVPであるUli Homann氏は語りました。さらに「ヴォロコプター社と協力し、航空宇宙クラウドの商業モデルの基盤作りに着手していきます。」とコメントしました。

ヴォロコプター社とマイクロソフト社の提携は、2020年にヴォロコプター社とルフトハンザ・インダストリーソリューションズが、Microsoft Azureを利用した航空機の自律型航空のためのVoloIQの開発計画を発表したときに初めて公表されました。

VoloIQの狙いは、完全なデジタル透明性とエコシステムの効率化をリアルタイムで実現することです。 このデジタルリソースを活用することで、ヴォロコプター社のサービス、およびこのサービスの実現に必要なすべての関連プロセス要素が、顧客、パイロット、オペレーター、そしてステークホルダーにとって使いやすく、デジタルでアクセスできるようになります。 さらに、VoloIQの優れた性能により、同社が自律型エアタクシー事業者に移行する際の作業円滑化と、事業開始後の効率的なメンテナンスとインフラ整備の強化に対する期待が高まっています。

ヴォロコプター社について

ヴォロコプター社は、世界初の持続可能かつ拡張可能な都市型エアモビリティ事業を構築しており、世界中の大都市に商品と乗客用の手頃な価格のエアタクシーサービスを提供しています。 同社は、「We Bring Urban Air Mobility to Life(アーバンエアモビリティーの実現)」をスローガンに掲げ、必要なエコシステムを構築するために、インフラ整備、オペレーション、航空交通管理の各分野のパートナー企業をリードし、連携しています。 同社は、ブルクザール、ミュンヘン、シンガポールのオフィスに500人以上の従業員を擁しています。また、Geely、WP Investment、Mercedes-Benz Group、Intel Capital、BlackRockをはじめとする投資家から5億7900万ドルの資金を調達しています。www.volocopter.com

写真:https://mma.prnewswire.com/media/1818599/MsAzure_Volocopter.jpg

ロゴ:https://mma.prnewswire.com/media/1626551/Volocopter_Logo.jpg




(日本語リリース:クライアント提供)