【画像:https://kyodonewsprwire.jp/img/202205231543-O1-LzPg310a

AsiaNet 96111 (1175)

【ジャカルタ(インドネシア)2022年5月20日PR Newswire=共同通信JBN】PT Bank Rakyat Indonesia (Persero)Tbk.(IDX: BBRI)が、2022年のフォーブス・グローバル2000番付でインドネシア最大の公開企業となった。世界の大企業上位2000社の中で、BRIは前年の362位から2022年は349位に順位が上がった。

フォーブス誌の世界の上位2000社リストに入ったインドネシア企業7社の中では、BRIは最上位になった。BRIは8年連続でインドネシア最大の公開企業になっている。

BRIのSunarso取締役社長は、綿密かつ統制されたリスク管理で順調な業績を維持するBRIの能力をあらためて証明する成果であると述べた。

Sunarso氏は「Covid-19パンデミックの試練にもかかわらず、BRIは継続して好業績を維持している。これは、困難な時期にインドネシアの零細・中小企業(MSME)部門への支援と手助けを重視し、国家経済回復計画でインドネシア政府の戦略的パートナーになることによって達成された。この成果は、インドネシア全体のすべてのBRI顧客とBRI従業員、またはBRILian Personnelとして知られる人々のものだ」と語った。

フォーブス・グローバル2000は、売上高、利益、資産、市場価値の4指標をすべて使用し、世界の大企業を順位付けしている。各指標には、55億米ドルの売上高、4億9300万米ドルの利益、137億米ドルの資産、76億米ドルの市場価値の最低要件がある。企業は最終的なフォーブス・グローバル2000番付の対象となるために、少なくとも1つの要件を満たす必要がある。

フォーブス(https://www.forbes.com/lists/global2000/ )によると、2022年のBRIの売上高は127億7000万米ドル、利益は21億7000万米ドル、資産は1177億4000万米ドル、市場価値は501億4000万米ドルに達した。

インドネシアの経済状況は上昇を続け、Covid-19パンデミックから回復しているため、BRIは好業績の継続を目指している。2022年第1四半期にBRIは12兆2200億ルピアの利益を記録、前年同期比78.13%増だった。BRI Groupの資産は同8.99%増の1650兆2800億ルピアだった。

Sunarso氏は「好業績により、BRIはインドネシア企業の中でトップの地位を維持するだけでなく、国際規模で順位を上げることもできる。これは、国有企業が世界的に評価を高めていることを証明している。当社は引き続き、すべてのインドネシア国民に最高に価値ある経済・社会サービスを創出していく」と述べた。

ソース:PT Bank Rakyat Indonesia Tbk(BRI)

画像添付リンク:
Link: http://asianetnews.net/view-attachment?attach-id=421725
写真説明:ジャカルタのBank Rakyat Indonesiaタワー

ジャカルタのBank Rakyat Indonesiaタワー