AsiaNet 96861 (1566)

【マンチェスター(英国)2022年7月4日PR Newswire=共同通信JBN】
*マンチェスター・シティ(Manchester City)と8Xbetは、同ブランドがアジアでクラブの公式ベッティングパートナー(Official Betting Partner)となる新たな地域的パートナーシップを発表
*クラブとブランドは、LEDとクラブのデジタル資産にプレゼンスを有し、協力して地域の顧客向けにコンテンツを制作する

マンチェスター・シティと8Xbetは4日、同ブランドがアジアでクラブの公式ベッティングパートナーとなる新たな地域的パートナーシップを発表した。

2018年に創設された国際的なスポーツブックメーカー、8Xbetは高品質かつユニークで魅力的な体験を地域の顧客に提供することを目指している。同社はマンチェスター・シティと連携し、パートナーシップ期間中に多くのコンテンツを制作する。

新しい契約の一環として、英国でGambling Commissionにより認可、規制されている8Xbetは、エティハドスタジアムのLEDを通してその名を売ることができ、デジタル資産とクラブのCityzensプラットフォーム全体でアジアにおける地域的なプレゼンスも獲得できる。

City Football GroupのTom Boyleグローバルパートナーシップマーケティング・業務担当副社長は「われわれは本日、8Xbetをマンチェスター・シティの地域的パートナーとして迎えることができてうれしく思う。8Xbetは、顧客にもファンにも同様にエンターテインメントと素晴らしい体験を提供することに対する当社のコミットメントを共有している。この新しいパートナーシップは同地域全域でのプレゼンスをさらに高める機会をクラブに与えてくれ、われわれは8Xbetと協力していくのを楽しみにしている」と述べた。

8XbetのRyan Li創設者は「マンチェスター・シティと提携できることは大きな名誉である。世界でも最大級のチームと当社初のフットボールクラブとのパートナーシップを獲得できてうれしく思う。過去5年間に4回プレミアリーグで優勝したシティは、アジアで大きな支持を得ている。地域のファンに独占的なコンテンツを提供するため協力していくことをうれしく思う」と述べた。

Photo - https://mma.prnewswire.com/media/1853106/City_Football_Group_Limited_1.jpg

ソース:City Football Group Limited